T/C(トラベラーズチェック)購入のヒント

旅と暮らしのおトク情報局

トップ > オススメ換金法 > トラベラーズチェック > 購入のヒント

トラベラーズチェック購入のヒント

トラベラーズチェック(T/C)購入の際には通常、額面の2%の発行手数料(2009年7月より値上げになりました)が、このT/C発行手数料が無料もしくは割引になるサービスがあります。

※2009年のT/C発行手数料値上げに伴い、T/C発行業務を終了もしくは取扱通貨を縮小する金融機関が相次いでいます。

T/C発行手数料 無料・割引サービス比較表

カード・サービス T/C発行
手数料
年会費 T/C
取扱通貨
対象店舗 備考
さわやか信金 米ドルのみ発行手数料無料
→額面の2%
なし 米ドル
ユーロ
カナダドル
豪ドル
英ポンド
東京近郊
約70店舗
T/Cの取り扱いは米ドルだけ、しかも発行手数料無料サービスは終了しました。
シティバンク
に口座開設
額面の1% 口座維持手数料
月額2,000円+税*1
米ドル
ユーロ
豪ドル
英ポンド

全国約30店舗の本支店・出張所

※全国31支店・出張所(2011年2月現在)のうち、21店舗が首都圏、6店舗が関西に集中しており、地方には支店はほとんどない

外貨預金口座と同一通貨でのT/C発行と、T/Cでの外貨預入なら、為替手数料が全くかかりません。
シティ ゴールドカード 無料*2 12,000円+税
条件付き
初年度無料
 
デルタ スカイマイル シティ ゴールドVISAカード*3 18,900円
条件付き
初年度無料
シティ エリートカード 3,000円+税
京都信用金庫
LET’S学割でT/C
額面の1% なし 米ドル
ユーロ
カナダドル
豪ドル
英ポンド
日本円
京都・滋賀中心に80余店舗の窓口 短大・大学・大学院生が対象
(学生証の提示が必要)
セシール
トラベラーズチェック
宅配サービス
1.5% なし 米ドル
カナダドル
豪ドル
英ポンド
ネット注文 何パック購入でも送料無料。
支払いは口座振込みのみ。
振込手数料は依頼人負担。
1.7% 円・ユーロ
3.0% 中国元

*1 外貨の月間平均総預かり残高が20万円相当の場合、または日本円および外貨合算の月間平均預かり残高が50万円相当以上の場合は、当月の口座維持手数料は無料。
*2 シティカード提示による無料特典利用の場合、年間購入限度額は本会員30万円まで、家族会員のいる方は50万円まで。1日の購入利用限度額は25万円。
*3 デルタ スカイマイル シティ クラシックVISAカード(年会費10,000円+税)は、T/C発行手数料無料の対象となりません。

T/C購入のケーススタディ

1.学生の方なら

京都市近郊にお住まいの方なら、「京都信用金庫」がオススメです。

2.海外渡航が多い方なら
@シティバンクに口座開設し、外貨預金

シティバンクに口座を所有している場合、T/C発行手数料は額面の1%(通常2%の半額)になります。月間平均総取引残高の外貨部分(外貨預金)が20万円相当を下回らないようにしておくと、口座維手数料(通常月額2,000円+税)もかかりません。預金口座と同一外貨のT/C発行なら、換金手数料もかけることなく、何度でも無料で出し入れできてオトクです。

Aシティ ゴールドカードもしくはシティ エリートに入会

シティ セレクト VISA プラチナカードまたはシティ ゴールドカードシティ エリートをシティバンク銀行の支店で提示すると、年間30万円までのトラベラーズチェック発行手数料が≪無料≫になります。しかも、これらのクレジットカードの決済口座としてシティバンクを指定すると、シティバンクの口座維持手数料も無料になります。

世界にひろがるシティブランドのシティ ゴールドカードなら、海外でも信頼度が高く、安心です。
シティ ゴールドカード・プラチナカードの詳細解説はこちら>>

3.上記のケースに当てはまらない方は

「セシールのトラベラーズチェック宅配サービス」がオススメです。セシールでは、250米ドル、250英ポンド、250ユーロ、500豪ドル、50,000円日本円T/Cから、送料無料で購入できます。ただし、セシール指定の銀行口座(三井住友銀行高松支店)への振込み手数料は自己負担ですから、振込手数料無料サービスを提供している新生銀行やネットからの本支店宛て振込手数料が通常105円(所定の条件を満たすとSMBCポイントパックをご利用のお客さまは、無料)の三井住友銀行に口座を持っている方以外は注意が必要です。

例) 250米ドル購入の場合
セシールのT/C発行手数料は1.5%であり、通常の手数料に比べて0.5%割安です。
つまり、1ドル=90円のレートでいえば、

250米ドル × 0.5% = 250米ドル × 90円 × 0.5%
               =27,500円 × 0.5% = 112.5円割安

ということになります。

ところが、通常、銀行口座への振り込み手数料は210円〜420円かかります。振込み手数料などが割安なことで定評のあるイーバンク銀行ですら、他行への振込手数料は一律160円かかりますから、250米ドル程度の少額購入の場合は、近くの銀行窓口や外貨取り扱い店舗で、普通にT/C発行手数料2%を支払う方が、かえって安くなります。

近年は、クレジットカードによる海外キャッシングやスルガVISAデビットカードなど利便性の高いサービスが提供されていますので、そもそも、多額のT/Cを購入する必要性は小さくなくなってきています。たとえば250米ドル程度のT/Cを購入するだけなら、T/C発行手数料をまるまる2%支払ったとしても、発行手数料は500円程度にしかなりません。若干の割引を得るために費やさなければならない労力を考慮すると、通常の窓口購入も決して悪くない選択肢であろうと思います。

現地ATMの利用>>

ページTOPへ ▲

最終更新:2011年3月22日

サイト内検索 by Google



スーツケース・旅行用品のトラベラーストア